【朗報】デニス・ベルカンプ(49)のプレーが全盛期と遜色なし!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
SOCCER LIFE
「心のド真ん中にをサッカーを!」サッカーを愛する全ての人の生活が豊かになってほしい!その気持ちでサッカー情報を発信していきます⚽️




引用:Qoly

デニス・ベルカンプ

 

引用:サッカーキング

11歳の時にWilskrachtでプレーしていたベルフカンプはアヤックスにトレーニング参加を打診されたが、「当時アヤックスを傲慢なクラブと思っていた」という理由で拒否[2]。しかし1年後に同意し、12歳でアヤックスのユースに入ったベルカンプは、ヨハン・クライフに才能を見出され1986年、17歳でトップチームにデビュー。アヤックスで1990年から3年連続得点王に輝き、リーグ優勝、UEFAカップ優勝などに貢献。239試合に出場し、122ゴールを挙げた。

その後、大きな期待を受けてインテルに移籍、93-94UEFAカップにおいては11試合8ゴールを決める活躍でUEFAカップ獲得の原動力となるも、国内リーグでは全く能力を発揮できず、2年目にはベンチを温める様にもなり、1995年にアーセナルに移籍しチームの中心として活躍。97~98シーズン、01~02シーズンの二冠等に貢献。また、2003-2004シーズンには無敗でプレミアリーグを制するなど、一時代を築いた。1998年フランスワールドカップアルゼンチン戦や2002年プレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッド戦などで技巧的なゴールを数多く挙げ、パトリック・クライファート2003年に更新するまでオランダ代表の最多得点記録も保持していた。

FIFAワールドカップには、94年アメリカ大会1998年フランス大会の計12試合に出場し6得点を記録、アメリカ大会ベスト8、フランス大会ベスト4進出に貢献した。前述の1998年フランスワールドカップ準々決勝アルゼンチン戦のトラップからのゴールは、当時オランダの新聞によって、「まるでレンブラントの筆さばきのようだ」と同国の歴史的画家のタッチに例えて賞賛された。EURO 2000の準決勝でイタリアに敗れ、代表引退を発表した。引用:wikipedia



技術とシュートセンスは今でも健在

 

相手をうまくかわし、見事なシュートをゴールに突き刺していますね!



ベルカンプのスーパーゴールといえばこれ!

 




この記事を書いている人 - WRITER -
SOCCER LIFE
「心のド真ん中にをサッカーを!」サッカーを愛する全ての人の生活が豊かになってほしい!その気持ちでサッカー情報を発信していきます⚽️

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© SOCCER LIFE , 2018 All Rights Reserved.