あなたは【プラチナ世代】という言葉を知っていますか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
SOCCER LIFE
「心のド真ん中にをサッカーを!」サッカーを愛する全ての人の生活が豊かになってほしい!その気持ちでサッカー情報を発信していきます⚽️

 

あなたは【プラチナ世代】という言葉を知っていますか?

 

サッカー界では、けっこう有名な言葉ですがなかなか世間では知られていません。

 

この機会にぜひ知って頂いて、ドヤ顔をしてもらえたらと思います!

 

プラチナ世代の主な選手

 

・柴崎 岳 1992年5月28日生まれ 青森県出身 ヘタフェCF(スペイン)所属

 

・昌子 源 1992年12月11日生まれ 兵庫県出身 鹿島アントラーズ所属

 

・宇佐美 貴史 1992年5月6日生まれ 京都府出身 フォルトゥナ・デュッセルドルフ(ドイツ)所属

 

・武藤 嘉紀 1992年7月15日 東京都出身 1.FSVマインツ(ドイツ)所属

 

・杉本 健勇 1992年11月18日生まれ 大阪府出身 セレッソ大阪所属

プラチナ世代の主な成績

 

小学生年代

 

2005年に行われた「2005MBC世界U-13サッカー大会」優勝。

 

この時の主要メンバーには、宇佐美貴史・宮市亮・杉本健勇などがいました。

 

決勝戦では、プロ野球解説者高木豊さんの息子高木善朗が2ゴールの大活躍をしました。

 

ちなみに大会MVPは、内田達也(現所属は東京ヴェルディ)が受賞しています。

 

中学生年代

 

2009年に行われた「FIFAU-17ワールドカップ」でグループリーグ敗退も、ブラジルと好勝負を演じる。

 

この時の主要メンバーには、柴崎岳・宇佐美貴史・杉本健勇・などがいました。

 

グループリーグ第1戦目のブラジル戦では、惜しくも2-3で敗れてしまいますが世界の強豪と互角に渡り合いました。

 

なんとブラジル代表には、あのネイマールがいたんです。

最後に

 

この世代の選手たちは、個人でも若くから実績を残し大きな期待をされていました。

 

ここ最近は、なかなか結果を出すことができず「伸び悩んでいる」とも言われていました。

 

しかし、今回の「2018FIFAワールドカップ」で柴崎・昌子の大活躍によって再び「プラチナ世代」が脚光を浴びました。

 

次回の「2022FIFAワールドカップ」は、プラチナ世代のメンバーはサッカー選手で一番脂が乗っている時期とされる「29〜30歳」で迎えることになります。

 

初めてのベスト8進出へ「プラチナ世代」が導いてくれるでしょうd(^_^o)

この記事を書いている人 - WRITER -
SOCCER LIFE
「心のド真ん中にをサッカーを!」サッカーを愛する全ての人の生活が豊かになってほしい!その気持ちでサッカー情報を発信していきます⚽️

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© SOCCER LIFE , 2018 All Rights Reserved.