子供のサッカーにお金はいくら必要?経験者のリアルな話を紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
SOCCER LIFE
「心のド真ん中にをサッカーを!」サッカーを愛する全ての人の生活が豊かになってほしい!その気持ちでサッカー情報を発信していきます⚽️

引用:getty images

こんにちは。

SOCCER LIFEを運営しているたかひろです。

 

僕は、幼稚園から大学4年生までサッカーを続けてきました。

サッカーを続けていくには、所属するチームの月謝や個人ユニフォーム・スパイクなど様々な費用が必要になってきます!

 

今回は、僕の19年間のサッカー人生を振り返り、サッカーを続けていくとどれくらいお金がかかるかをお話します。

僕の歩んできた道のりが、少しでも参考になれば嬉しく思います。

小学生時代・・・地域のスポーツ少年団

小学生時代は、スポーツ少年団と呼ばれる通っていた小学校の生徒を中心としたチームで活動をしていました。

ここでかかった費用は

 

ユニフォーム(上下)

・・・ 貸与(基本的に少年団は貸与のところが多い)

 

サッカースパイク

・・・ 6,000円(5年生と6年生の時にそれぞれ3000円のスパイクを購入してもらった。)

 

トレーニングシューズorランニングシューズ

・・・ 0円(兄の使い古しを使用していた。)

 

サッカーソックス

・・・ 3,000円(1,000円×3足。基本的には、土日の活動の際だけに履いていたため。)

 

ジャージ

・・・ 10,000円(5,000円×2セット)

 

ピステ(雨をはじくような素材)

・・・ 10,000円(5,000円×2セット)

 

ウインドブレーカー(ピステよりも素材が厚い)

・・・ 14,000円(7,000円×2セット)

 

カバン(リュック)

・・・ 3,000円

 

月会費(月謝)

・・・ 月々2000円 *6年間合計14,4000円

 

交通費(自宅から練習会場もしくは試合会場)

・・・ 年間10,000円 *6年間合計60,000円

 

遠征費(合宿や遠方への試合で宿泊する場合)

・・・ 0円(強豪スポーツ少年団は、別途必要になってくるかと思います。)

 

その他

・・・  50,000円(トレセンと呼ばれる選抜チームに5.6年生で参加。交通費、参加費、宿泊費)

 

合計 30,0000となりました。

 

かなりざっくり見積もりました。僕のチームは弱小チームだったので、合宿や遠征はしたことがありませんでした。

このへんは、チームスタッフの熱心さやチームの強さによって変わってくるところだと思います。

他にも、道具などはこだわればきりがありません。僕の少年時代は親からは、

「道具でサッカーするんじゃない。自分の足でサッカーをするんだ」と教えを受けていたので、必要最低限の道具になりました。

また、「道具を大切にしろ」と口すっぱく言われていたので、毎日スパイクは、使用後に必ず靴磨きで磨いていました。

この習慣も、スパイクを長持ちさせる要因になったとは思います。



中学生時代・・・Jリーグクラブの中学生チーム

中学生になると、今度はJリーグクラブの中学生チームに所属していました。

田んぼしかないような地域の、ど田舎ものが興味本意で受けたセレクション(入団試験)に奇跡的に合格し、入団しました。

ここでかかった費用は

 

ユニフォーム(上下)

・・・ 38,000円(半袖6000円×2セット+長袖8000円×2セット+パンツ5000円×2セット)

*なぜ2セットかというとサッカーのユニフォームは、基本的に別の色のユニフォームを用意する必要があるためです。

よく、ホームユニフォームとアウェイユニフォームと言われたりもしますね。

 

サッカースパイク

・・・ 30,000円(10000円×3年)

*中学生になるとプロサッカー選手への憧れも強くなり、「OO選手モデルのスパイクが欲しい!」とよく親に言いました。

選手と同じモデルは当然の様に値段が高かったです。しかも、思春期ならでの「安いスパイクだと相手チームになめられる」と

いった感情も芽生えるようになって、親に必死でねだって買ってもらっていました。

 

トレーニングシューズorランニングシューズ

・・・ 6,000円(3,000×2足 ここにはあんまりこだわりがありませんでした。)

 

サッカーソックス

・・・ 15,000円(1,500円×10足。練習会場や試合会場が土のグラウンドだったのでよく破れました。)

*指先が少しでも破れたら捨てるのではなく、サッカーソックスの下に短い靴下を履いて長持ちさせていましたね。

 

ジャージ

・・・ 15,000円

 

ピステ(雨をはじくような素材)

・・・ 15,000円

 

ウインドブレーカー(ピステよりも素材が厚い)

・・・ 18,000円

 

カバン(リュック)

・・・ 6,000円

 

月会費(月謝)

・・・ 月々9000円 *3年間合計32,4000円

 

交通費(自宅から練習会場もしくは試合会場)

・・・ 月々18,000円 *3年間合計64,8000円

*練習場所が遠方だったため、バスの定期券を購入していました。

 

遠征費(合宿や遠方への試合で宿泊する場合)

・・・ 年間15,0000円

 

その他・・・

100,000円(トレセンと呼ばれる選抜チームに3年間参加。交通費、参加費、宿泊費)

 

合計 1,365,000円となりました。



高校生時代・・・全国有数のサッカー強豪校に入学

高校生時代は、全国大会常連のサッカー強豪校に進学しました。

この高校は、プロサッカー選手を多く輩出しており部員の数も当時150名以上所属していました。

レギュラーとして、全国大会に出場した経験もあります。

 

ここでかかった費用は

 

ユニフォーム(上下)

・・・ 42,000円(半袖7000円×2セット+長袖9000円×2セット+パンツ5000円×2セット)

*なぜ2セットかというとサッカーのユニフォームは、基本的に別の色のユニフォームを用意する必要があるためです。

よく、ホームユニフォームとアウェイユニフォームと言われたりもしますね。

練習試合用ユニフォームは個人で購入し、公式戦ユニフォームはチームからの貸与でした。

 

サッカースパイク

・・・ 60,000円(20000円×3年)

*高校生になると、1週間のうち1日の休みを除いて毎日練習するようになりました。やはり、毎日のハードな練習でスパイクの消耗はとても早くなりました。しかも、当時練習していたのは土のグラウンドだったので靴の底(ポイントと呼ばれることが多い)がすり減ると滑ってプレーに影響がでてしまうため、2〜3ヶ月に1回は新品のスパイクを買ってもらいました。

 

トレーニングシューズorランニングシューズ

・・・ 9,000円(3,000×3足 ここにはあんまりこだわりがありませんでした。)

 

サッカーソックス

・・・ 22,500円(1,500円×15足。練習会場や試合会場が土のグラウンドだったのでよく破れました。)

*指先が少しでも破れたら捨てるのではなく、サッカーソックスの下に短い靴下を履いて長持ちさせていましたね。

 

ジャージ

・・・ 45,000円(15000×3年間)

 

ピステ(雨をはじくような素材)

・・・ 45,000円(15000×3年間)

 

ウインドブレーカー(ピステよりも素材が厚い)

・・・ 54,000円(18000×3年間)

 

カバン(リュック)

・・・ 6,000円

 

月会費(月謝)

・・・ 月々10,000円 *3年間合計36,0000円

 

寮費

・・・ 月々60,000円 *3年間合計2,16,0000円

 

遠征費(合宿や遠方への試合で宿泊する場合)

・・・ 年間30,0000円 *3年間合計90,0000円

 

その他・・・

40,0000円(1年生と3年生のときに海外遠征に行きました。)

 

合計 4,103,500となりました。

 

僕の場合、本気でサッカー選手を目指しいわゆる「サッカー留学」という道を選択しました。

実家を離れ、寮生活をしてサッカー漬けの毎日をおくりました。

強豪サッカー部に通い、寮生活もしていたので自分でも驚くような金額になりました。

やはり、強豪校になればなるほど試合が増えたり、合宿があるので費用は高くなる傾向があるようです。



大学生時代・・・地域学生サッカーリーグ1部の大学

大学生時代は、関東や関西、九州など8地域と呼ばれる地域の1部リーグに所属する大学でサッカーをしていました。

ここでかかった費用は

 

ユニフォーム(上下)

・・・ 42,000円(半袖7000円×2セット+長袖9000円×2セット+パンツ5000円×2セット)

*なぜ2セットかというとサッカーのユニフォームは、基本的に別の色のユニフォームを用意する必要があるためです。

よく、ホームユニフォームとアウェイユニフォームと言われたりもしますね。

 

サッカースパイク

・・・ 80,000円(20000円×4年)

 

トレーニングシューズorランニングシューズ

・・・ 12,000円(3,000×4足 ここにはあんまりこだわりがありませんでした。)

 

サッカーソックス

・・・ 15,000円(1,500円×10足。)

*練習場所が人工芝グラウンドに変わり、すぐに破けるということはありませんでした。

 

ジャージ

・・・ 15,000円(4年間同じものを使用しました。)

 

ピステ(雨をはじくような素材)

・・・ 15,000円(4年間同じものを使用しました。)

 

ウインドブレーカー(ピステよりも素材が厚い)

・・・ 18,000円(4年間同じものを使用しました。)

 

カバン(リュック)

・・・ 6,000円

 

月会費(月謝)

・・・ 月々5,000円 *4年間合計24,0000円

 

アパート代(一人暮らし)

・・・ 月々50,000円 *3年間合計2,40,0000円

 

遠征費(合宿や遠方への試合で宿泊する場合)

・・・ 年間10,0000円 *4年間合計40,0000円

 

その他・・・ なし

 

合計 3,243,000となりました。

大学生時代は、一人暮らしをしていたため家賃に一番費用がかかりました。

これが実家から通える大学に行けば、安くなる所ではないかと思います。

サッカーの面では、クラブによって違うと思いますが4年間同じウエアを使えたので高校時代よりも安く済みました。

 

余談ですが、僕は大学のサッカー部にスポーツ推薦で入学させてもらいました。なんと学費(年間120万円×4年間=480万円)を免除してもらいました。

強豪サッカー部でレギュラーをとって活躍していれば、こういうチャンスもあります。

 

いかがでしたでしょうか?

僕のサッカー人生を通して、かかった費用をまとめてみました。

 

19年間の合計は、なんと9,011,500円となりました。

 

けっこうすごい金額になりましたね(O_O)

この記事を執筆しながら、両親には本当に感謝の気持ちがこみ上げてきました。

 

この記事はサッカー少年・少女をもつ保護者の方に向けて書いたつもりだったのですが、

現役でサッカーをしているこどもたちにもぜひ読んでほしいなと思います。

これだけの、お金を払ってプレーさせてもらっていると思うと、きっと毎日の練習にも熱が入ると思います。

 

この記事が、少しでもみなさんの参考になれば嬉しく思います♫

この記事を書いている人 - WRITER -
SOCCER LIFE
「心のド真ん中にをサッカーを!」サッカーを愛する全ての人の生活が豊かになってほしい!その気持ちでサッカー情報を発信していきます⚽️

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© SOCCER LIFE , 2019 All Rights Reserved.